多くの保険屋さんは親切丁寧とCMしますが、車の事故にあったケースで完全に正確に処置してくれるか不安です。

なかでもコールセンターで入るダイレクト自動車保険と呼ばれる店舗所持していたい自動車保険の会社では顔が分からないという状況も不安材料となりがちです。

しかしながら、ダイレクト自動車保険と実在の代理店を所持している車の保険会社の対応策に取り立てて大きな差はありませんしダイレクト型自動車保険のほうが人件費が節減できる分掛金が安く抑えられているので自動車の事故を起こさなければ月々の保険料を低くすることができるのです。

それならば自動車保険会社が異なることで事故の対応に隔たりがあるかと質問されればあります。

その違いは店舗型、ダイレクト系自動車保険という違いではなく車の保険会社に応じて事故処置をする時刻や日付が異なることによります。

交通事故はどんな状況で起こるか推測できませんので受付はいつでも対処してくれるのは欠かす事のできない条件ですし、その上で休日や早朝にその対応がきちんきちんとされているのかをチェックすることが大切です。

保険によっては、24時間事故受付と言っていても対応時間が平日でなければ異なり短くなっていることもありますので調べておくことを忘れてはいけません。

また別に、まさかの時に備えて自動車の保険の会社の事故対応拠点もきっちりと確認しておきましょう。

たとえ大きな会社でも拠点が多くなければ事故の処置に時間がかかるケースもございますので自宅の近所に事故対応拠点があるかどうかも事故の処理の差異を決める基準です。

大きな保険屋さんは区間ごとに事故処理拠点がある場合もあるのでサービスも質が高く事故現場でする事故対応にもちゃんと伝言してくれると評価が高いです。