ありふれたはじめたばかりの人向けの外国為替証拠金取引の教科書では、「損失が生じた場面ではナンピン買いを入れることによって、ポジション全体の価格をコントロールする」と助言されていると思いますが、現実的にはこれは相当の罠がある。キャッシング

まずはじめに、ナンピンの方法について手短に説明します。スルスル酵素 飲み方

仮に1ドル100円でドルを買ったとします。復縁7step

$(ドル)買いということで、円安に推移するほど利益が出るわけですが運悪く1ドルが95円まで円高に向ってしまったとします。MVNOでSIMフリー

この状態で所有し続けたら損がなくなるまでには、マイナス分円安ドル高が進まなければなりません。ステージア買取

皆さん、損は早急にリカバリしたいと願うだろう。美健工房のウルトラシックス 効果と口コミ

この状況を乗り切るためはじめに売買したのと同額のドルを買い増します。プロミス 在籍確認

そうしたら、平均のコストは1ドル=97.50円まで低くする事が出来ます。浮気調査 相談|探偵依頼で失敗しない為の情報サイト

これで、2円50銭の幅で円安ドル高が進めば、損失を取り戻す事が出来ます。名古屋 ブライダルエステ

こういったことがナンピン買いの方法です。看護師求人 祝金

このような、ナンピンの方法をみると、「まちがいない」という考えになるが外国為替市場は易々と上手くはいきません。

だいたい、1ドル=95円より下がらないとは誰にも分かりません。

もし、外国為替市場がかなり強い円高基調であるならば、1ドル95円では収まらずよりドル安にいく可能性が高いです。

1ドル=97.50円でナンピンをした場合に、95円までドル安に進んだらナンピン買いをした分についても、損失が生まれます。

そういう状況では初めに買ったドルと合わさって、ダブルで損失が生まれます。

それほど、ナンピンは難しいのだ。

それなら、為替相場が自身の物語とは逆向きにすぐに向ってしまった場合、いかなる手法で危険を回避すればいいのでしょうか。

こういう場合には選べる道は限られています。

まずひとつめは観念して、損失を確定する事です。

もうひとりはその時に、自分か保有している買いポジションを縮小することによって、再度相場がリカバリするのを動かないで待つことだけです。

ずいぶん大人しい方法だと感じる投資家もいるkもしれません。

だけど、持っているポジションにマイナスが出た場合一番妥当な方法はこの他には考えられない。

無論、理論上は、ナンピン買いを入れるという対策も有効です。

だけどナンピン買いは、自身が損失を出しているにもかかわらず買いポジションを整理するどころか、反対に買いポジションを重ねていく手法です。

この方法では、危険性を削減することなど、どう頑張ってもできないと思うべきです。

ナンピン買いを続ける事ができればいつの日にか勝てるかもしれません。

けれども、それ以前に資金がマイナスになってしまいます。



  • 合宿免許の実態