よくあるビギナー向けの外為取引のテキストでは「損が生まれた状況ではナンピンをして全体のコストをコントロールする」等アドバイスしている事もありますが、正直それには相当大きな罠が潜んでいます。キャッシング

最初に、ナンピン買いの手法に関して手短に説明しておこう。女性育毛剤 60代

仮定として1ドル100円でドルを買ったとする。http://smaheya.co/

$(ドル)買いですから円安ドル高に向うほど利益を得られますが不幸にして1ドルが95円まで円高が進んでしまったとします。美容

そのままの場合ポジションを保持し続けたら、利益がでるためには5円分、円安ドル高に向わなければなりません。美容

投資家であれば、マイナスは早く無くしたいと考えます。エマーキット 口コミ

そこではじめに買ったのと同じ額のドルを1ドル=95円でエントリーします。聖心毛髪再生外来,評判

それで、ポジション全体の平均のコストは97円50銭まで引き下げることができます。脱毛

半分の幅で円安ドル高が進めば赤字を失くせます。

こういったことがナンピンの理屈です。

このような、ナンピンのロジックを知ると、「納得だ」と思ったりするが、外国為替市場はそう易々と思った通りにはなりません。

元々、95円以下にならないとは、誰も分かるはずがありません。

例として、為替がかなりの円高トレンドであれば95円では止まることなくさらにドル安に進む危険性がある。

ひとつの例として、97円50銭でナンピンをした場合に、1ドル=95円までドル安に進んだら、ナンピン買いを入れた分についても損が生じることになってしまうのである。

これでは、初めに買ったドルとあわせて倍の損失が生まれる事になります。

それゆえ、ナンピン買いは厄介です。

では、外国為替市場が自身の台本とは逆の方向に向ってしまった場合どういう対応で危険を軽減すればいいのでしょうか。

そういう時には取るべき選択肢は多くはありません。

ひとつは観念して、損を確定する事です。

もうひとりはその時点で、あなたが所持している買いポジションを小さくする事で改めて為替相場が回復するのを黙って待ち望む事だけです。

相当弱腰の手段だと言う方もいます。

だけど、自分が保持している買いポジションに損失が生まれた場合、一番効果のある対策はこれよりいいものは期待できない。

確かに、考え方としてはナンピンをするという対策も効果的です。

だがしかしナンピン買いは、あなた自身がマイナスになっている状態にもかかわらず、ポジションを減少させるどころか遂にポジションを増やしていく考え方です。

この対策では、危険を削減することなど、どうやっても無謀だと思ったほうがいいです。

ナンピン買いをしていけばいずれは勝てるかもしれません。

しかし、それより先に資金は無くなってしまいます。