現実にパソコンの画面の前で、休むことなく上下している市場をご覧になっていると理由無くトレードをするという欲求が生まれる場面も少なくありません。しかし、漠然とした思いで取引することは決してしてはいけません。分かっていると思いますが、市場は24時間、常時いずれかでマーケットはオープンしているし為替相場も休みなく、変化しています。しかしながら、立て続けにエントリーを重ねているとその回数分だけ損をする率が増します。当然、注文の回数を積む事で次第に勝つ確率が五分五分に近づくのは事実です。しかしこの事は「はっきりしない思いつきでトレード」してしまうこととは話が異なります。取引回数を重ねるとは、自分自身が「ここは勝てる」と思いついた感覚を持った状況での売買回数を積むという事です。ただ何となく、連続してトレードを積み重ねるのとは明らかに異なります。市場の戦いに勝つためには、意識的にメリハリをつけることこそが大事です。「ここは勝てる」と感じた市場の時には思い切って持っているポジションを増やして、覚悟を決めて利益を追い求めます。「分かりにくい外国為替相場で、どう変化するのかわからないな」と思い至った時は、思い切って所持ポジションをひとつ残らず諦めて静観します。このぐらいのメリハリがあったほうか結果的に売買は儲けられます。マーケットの金言には「休むも相場」という言葉があります。本当に言葉どおりです。取引とは休みなくポジションを保持する事がすべてではなく、どのポジションも保持せず待っている事も時には必要です。では、どういう場面で休む必要があるのでしょうか。最初に言われるのが先述の通り、今の相場展開が具体的に分からない時です。現状からドル高になるのか、ドル安になるのかがわからないような時は何も考えず行動すると、自ら作り上げたストーリーとは逆に外国為替市場が変化してしまい、損失を被ることになる。だから、そういう場面ではポジションを閉じ何もしないで見ているだけが良い方法です。もうひとつは、自身の体の調子がすぐれない時。体の状態と相場に影響ないと考える投資家もいるだろうが。考えている以上につながりがあります。体の具合が思わしくなければ、マーケットの大事な局面で正確な決断が出来ない場合があります。関心がわかない時は、相場から目をそらす事も重要な事です。